1 9 9 9 年 分 へ

2 0 0 0 年 分 へ 2 0 0 1年 分 へ

ここでは済南市の本当のビッグニュースもあるが、私がビッグニュースと思うことや、日本と関係があるならスモールニュースも入っている。

2 0 0 1年

9月 9月17日夜から、ホウトツ泉が噴水し始めた! 99年3月から930日間も断水したがこれまでの措置でやっと念願の復帰ができた。済南市のすべての新聞のトップニュースになった。中央テレビ局の全国ニュース番組にも放送された。写真はこちら
8月 ホウトツ泉をはじめ、市内の泉を噴水させるため、水源地に川を流したり、市内の井戸を閉鎖したり諸措置をとった。一部は見事に噴水できた。でも一番メインなホウトツ泉・・・・
7月 国家公安部から、済南市が「もっとも安全な町」という称号をもらった
6月 中国圏でもっとも人気があるカンフーの俳優「成龍 ジャッキ・チェン」が來済。
彼が山東省の出身。(本籍地が山東省、香港の生まれ)
4月 済南市ではじめての「国際茶葉博覧会」開催。済南市周辺はお茶を栽培していないが、地理の便から中国北方の最大のお茶の交易、集散地である。
1月 ssai済南市郊外の洛荘に、漢代の王陵が見つかり、考古学界を驚かせた。主人は済南王の甥と推測され、音楽が大好きだから、ひとつの従墓に全部楽器に埋められている。2000年前の楽器が今も使えるものが多く、旧正月に演奏会を催した(非公開)。今から(時間未定)主墓を発掘する予定。漢代王陵の代表埋蔵品「金縷玉衣」が見つかるではないかと期待が大きい。

日本の新聞にも紹介された。

(まだ整理していないが、とりあえず済南市博物館で撮った写真を公開) (あとで解説を追加。2番目だけ先に言うが、世界で3000年前の、破片ではなく完全な鶏卵はこの一枚だけ)

2 0 0 0年

11月 「アジアの歌姫」と呼ばれる中国名歌手「王菲 フェイ・ウオン」が済南市にコンサート。
彼女はPSゲームソフト「ファイナルファンタジー[」の主題歌で日本でいっきに有名になったという。
4月 この月、初めて山東省と韓国の貿易額が、山東省と日本の貿易額を抜いて、山東省と外国の貿易額の一位になりました。がんばれ、日本の商社!
1月 済南市では初めて日本製の「ダンス ダンス レボリューション」が出現!(これを知らない日本人がいればメールください。教えます)。泉城広場の地下名店街に設置され、踊る人がいればすぐ観衆が20人以上集まって見物する。設置場所はなぜかゲーセンの中ではなく、ゲーセンの外の通路にある。客を引くためだろう・・。またゲーム機のPSの絨毯式専用コントローラ(勿論こちらもソフトもみんな海賊版)バカ売れている。
1月 済南市では日本料理は数軒ありますが、つい2000年の始まる時、大きい「回転寿司」の店ができた!場所は泉城広場の地下名店街にある。一皿4元(50円ぐらい)、6元、8元と、上海などよりちょっと安い。牛丼やチャーハンもあるが、30元ぐらいで値段が高い気がする。まず食べて、それからお皿の数、色でお金を払うシステムが全然知らない済南市民のために、店のガラスに説明が貼ってある。店名は勘亭流フォントで「元福 廻轉壽司」と書いてある。なんかチェーンの店みたい。外国風で中のお皿がぐるぐる回っているから、一般市民が敬遠している ・・というより、大変興味があって、いつも大勢の人が大きなガラスを越して中をじろじろ見ているだけ。店長がきっと、みんなお入りなさい、おいしいですよと泣き叫んでるに違いない。今は若者ばかり入るが、だんだん輪が広がるでしょう。 肝心な味のほうは・・・こちらへ来て召し上がって見なさい。

 

1 9 9 9 年

12月5日、12日 12月5日、済南市にある「山東魯能泰山隊」サッカークラブが中国リーグ試合(Jリーグと対照にCリーグとも呼ばれる、Aグループ14のチームの対戦)で見事にチャンピョンの座を取った!いままでの最高成績が5位だったが、去年、山東省電力公司をクラブを受け入れてから、資金面も恵まれて、国際サッカー界のベスト10のコーチの一人といわれるユーゴラスビアのサントラチ氏を招いてから、チームが大きな変貌を遂げ、一躍強いチームの仲間入りになり、全国に注目をあびた。それで12月5日に全国一斉に行われるリーグ最終戦に、相手を5対0で破り、山東省初めて優勝に。5年のリーグ連盟試合歴史に、上海、大連につぎ3番目の優勝チーム。
さらに、もう一本の試合、全国トーナメント試合も(A,Bグループを含め28チームの2回勝負の淘汰試合)も見事に決勝戦に入り、12月12日の最終戦に3対2で大連を破り山東省チームの2回目のトーナメント試合優勝を果たした。
一年のうちこの2本の全国試合ともチャンピョンになるのが中国では初めてのこと。優勝後、選手達が「双冠王」の旗(チャンピョンのことは中国語で「冠軍」。ダブルチャンピョンは「双冠」という)を掲げて山東省スポーツセンターを一周を走り、5万人ほどの観客と喜びを分かち合った。
国際サッカー連盟主席からも祝電をもらった。勿論現在、山東省各地で盛大な祝賀イベントが行われている。全国すべてのスポーツ紙が決まって一番重要なヘッドラインになった。「済南日報」を含む山東省全ての新聞はほどんどまる2枚の紙面で報道した。

追:2000年1月のアジアサッカー連盟公式ランキングに、山東省サッカーチームが1999年12月のアジア最優秀チーム賞をもらった。

10月 済南市では始めて自動販売機を10台設置された。外形はガラス部分が小さく銀行のATMみたいに丈夫に作られている。中国ではまた珍しいもの。ほとんどの人が使い方が分からない。分かっていてもコインが無くて実用まではまた時間がかかりそう。いつか日本のように普及するだろう。
10月 山東省ではスポーツ宝くじを発売。昔は宝くじは資本主義の「一攫千金」思想によるものだと批判されたが、今は「スポーツ振興や福祉改善に資金を集めるにはいい方法」と、大々的に宣伝される。
9月 26日 済南市野生動物世界(サファリパーク)開演式。現在中国最大規模のサファリパーク。敷地面積600万uぐらい。園内にアフリカ13カ国から輸入したの野生動物を始め、動物数が1万匹以上ある。市内から40キロ離れているが、送迎バスが毎日8時〜14時運行している。済南市重要の観光スポットの一つになる。
9月26日 済南市の中心にある泉城広場がオープンされる。泉の都を特徴として、大きな泉のシンボル、市花の蓮の造型の噴水、山東出身有名人の彫刻が設置される文化回廊などの施設がある。面積が17万uがあり、北京の天安門広場に次ぐ中国2番目の大きい広場。また、大きな地下街があり、現在は金秋貿易懇談会の会場として利用されているが、将来、地下名店街になるといわれている。
9月24日 山口県、和歌山県、島根県(浜田市)、などから日本人客なんと340ほど済南市に集まり、山東省−日本友好週間(ジャパン・ウイーク)イベントを行った。日本の茶道や中国の食文化などを披露するほか、日中友好書画展を催した。また、新しくできた泉城広場で済南市民と一緒にパレード行進を行い(多人数の集会は中国で公安局の厳格な審査要るよ)、盛大に祝った。その後一部は曲阜へ行き、孔子生誕2550周年盛典を参加した。
9月22日 例年この時期に開催される金秋貿易懇談会が開幕した。今年は泉城広場の地下街を利用したので、例年を超える規模となった。展示会に、日本との合弁企業(詳細はこちら)が特に目立った。